道具が8割

スケッチのお稽古で使う絵の具、用具などをポツポツと揃えています。
まぁ、絵の道具でなくても色んなグレードのものがあるのはあたりまえで、値段もピンきりなんですが
最初はやはり、先生おススメのものや、ネットの評価などを参考に揃えていくわけです。なにせ、わかんないし。

しかしこれがまぁ。。。。
うふふ、ふふふ、結構かかりますわよ奥様。
道具ですよ道具。まずは道具をそろえるわけですよ。

購入は先生の作ってくれた要るものリスト頼りで進めている、、、けれど、
実はリスト自体が難解でありまっすゞ
単語自体が色名なのかメーカー名なのか素材をさすのか、どれほどの価値の素材なのか、品質がお値段に見合うのかそうでもないのか、見当がつきません。もうなにもわからんちーん。値段比較するぐらいしか出来ないってばー。

リストを頂いたときに、おそるおそる、
「えーっと、これは、、、、あ、メーカー名なんですね。・・ほー、これはまだ必要ない?」などなど、1つ1つ確認していったわけですが、そこに先生の一言が。
絵の具について種類の指定をしてもらっている時に、

「手持ちがなければこのメーカーの24色を揃えるのがいいですね。あ、○○じゃなくて☆☆を買ってくださいね、○○でも良いけど発色が全然違うから描いてると☆☆が良かったって絶対思うから
まぁ、あれよね、なんていうか、道具が8割っていうか」

ほほー。

んー、まぁ そうかもなぁ、絵の具にしたって発色がやっぱり違うだろうし
紙だってものすごく種類があるしね。筆だってもうピンきりですわよ。
ゴルフとかも、ほら、道具が腕より…ムニャムニャ(笑
最近は、テクノロジーやらなにやらが技術を補えることが多いですもんね。特に初心者には合理的だよね。大人のお稽古なわけだし、それなりに早い段階である程度いいもの使って各人の満足度があがらないと教室の満足度にも影響するし。
どのジャンルでも、達人でも達人じゃなくても、その時可能な範囲で最良のものをチョイスするのが正解でしょうし。

必要経費だ、、、、、んだ。  フー ( ̄‥ ̄) = =3
あー、そうだ、それに加えてお稽古って続けていく中でもいろいろお金がかかるわよね。体育会系でも文科系でも。そのうち、先輩方とのお付き合い事項も発生するだろうし。ちょっと怖そうな人も居たなぁ。。。ってそれはこっちも思われているかもしれないかw
しかしあれかな、学生時代に友達がテニスサークルに入って
「先輩よりいいラケット買ったら生意気やっていわれるねーん」と
テニスお上手なのにわざわざモデルを指定して買っていたりしたけれど、
そういうダークサイドに遭遇しなければよいが…
まぁなにかしらあるだろうけどなー。

このように、いろいろ思いながら準備をしているのでありますが
このようなお稽古事にも道具揃えにも「守破離」という考えをあてはめるとしたら、今は「守」もまだ始まっていない段階なので、先生やら先輩方のあれこれを教わりながら楽しむほかありませんねー

のんびりしてたら月1レッスンとはいえ、初回レッスンがすぐ来るわぁ。
ネット購入した道具が着たら、道具の使い方もままならないんだけど、ちょっと色塗ってみたりしたいね。

新しいことを始めると、いろいろありますね。
いいのいいの。トータルで楽しければOK!
新しく何かに出会うってステキ!

 

comment