ピロリ菌フリー!

あれこれ不調でちょいちょい病院に通っているのですが
ある日先生が、
「ピロリ菌の検査してみない?」
と軽く仰った。

うちの病院は、ほぼ実費で安いんだからやっておくと良いよ、などと言われ
内心では面倒くさいなぁ、とかなり後ろ向きだったのですが
押しに弱い白湯ちゃんは、
「あらまー」とか「そうなんですかー」などといいつつ
断る理由を考えているあいだに、先生が検査をオーダー済み。

先日、その結果が出ましたよ。

白湯ちゃん、ピロリ菌フリー
(多分)

先生が
「最近の生活環境にはピロリ菌ってほぼいないから
大人になってピロリ菌いなかったら、もう、大丈夫。
あなた、今後もうピロリ菌検査しなくていいですからね。
癌リスクも少ないグループってことです。良かったねー」

と、ニコニコ自信たっぷりに仰ったのですよ。

ほーんーとーにー?

…とはもちろん声に出しておりませんが
ほんとかなぁ。

そもそも、感染するのは、ほぼ小児期 なんだって。(ほんとかしら←連発)
免疫力が弱い幼児期に、汚染された水、食べ物、唾液、から感染するらしいので
いい大人になってから感染したとしても、自然治癒する(免疫により排除される)んだってさー

まぁ、胃カメラ、歯科治療器具なんかの消毒が不十分で、そこから感染するっていう、なんとも残念な感染経路もあるらしいですが
ピロリ菌がいるのは胃の中なので、普通の感染経路としたら
胃から逆流して上か、順当に下なわけで
(おほほほ、お食事前の方すみませんねぇ)
医療従事者でもない白湯ちゃんなので、ピロリ菌のまじった排泄物や吐瀉物に触れる機会もまぁ無いわけですよ。(介護とかも今していないしね)

うちは、父が胃癌を患ったからなぁ、きっとピロリ菌がいると思ってたよ。
とりあえず、安心して良いのかな。(まだ疑ってる^^;)

+++++++++++++++++++++++++++++++++

追記:
ピロリ菌がいない ⇔ 胃癌にならない ではないのですよ
念のため。リスクが低いグループに属するだけです。
んでもって、胃癌のチェックは、胃癌の検査(胃カメラとか)が必要です。
更に、一応 ピロリ検査では尿素呼気試験が一番精度が高いみたいですけれど
どの検査も精度100%ではありませぬので、そのおつもりでよろしくです。

「ピロリ菌フリー!」への2件のフィードバック

  1. オォ~
    相方の両親とも胃癌をやっているから
    相方は確実だろうとは思ってるんだけど
    子供の時に井戸水だった私にもいるのだろう(*ノ∀ノ)
    アルコール消毒じゃダメなのが残念(゚∀゚)アヒャ

  2. はちゃぽんさま
    うちは母方も癌が多いけど、まぁ、多い病気だしねぇ。
    私も「アルコールは効果なしですか」って聞きそうになった(笑
    ピロリちゃん見つかると、除菌→検査 ってのを数回繰り返すんだって。
    まぁ、私のことも、ほんとにもうフリーなのか実は疑ってるんだけどねー

comment