2017年に読んだ本~読書メーターまとめ

ブログを放置して幾年月・・・
(;”∀”)てほどでもないか。まぁ放置しすぎですが
大丈夫、いろいろありますが何とか生きてます。
読書はぼちぼち。感想をかかないままの本が増えてきてて反省中。
元サイトではそのうち感想追加をしていきたい。(あくまで予定)
今年は全部ちゃんと感想書きたい。(あくまで希望)

そしてそして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。(遅すぎる)

2017年の読書メーター
読んだ本の数:27
読んだページ数:8204
ナイス数:2783

今すぐ50個手放しなさい! (王様文庫)今すぐ50個手放しなさい! (王様文庫)
読了日:01月09日 著者:ゲイル ブランキ
砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)
読了日:01月09日 著者:竹宮 ゆゆこ
一汁一菜でよいという提案一汁一菜でよいという提案感想
おかずがこれだけしかない!というような、少なくとも家族の通常のご飯の用意のプレッシャーから解放された気分です。
いい年をした大人2人家族ということもあるでしょうが、普段の夜ご飯は「一汁一菜でもいい」ではなくて「一汁一菜で良い」として、きちんと、気負わず、大切な日常として暮らしていこうと思います。
読了日:01月31日 著者:土井 善晴
科学的に元気になる方法集めました科学的に元気になる方法集めました感想
経験からも肯定できる事が多かったです。
脳はけっこういろんな物に引きずられ、影響されるんですね。

15分ほどで読めます。本もいいけど、これランダムに朝プッシュ通知で表示してくれるアプリになったら便利かも。もしくはカレンダーアプリに追加できるとかさ。
読了日:03月12日 著者:堀田 秀吾
左手首 (新潮文庫)左手首 (新潮文庫)感想
ハンパなワルに関する習作を集めた一冊。そのせいか、一気に一冊読む流れが自分の中で作れなくて読了までにめっちゃ時間がかかりました。黒川さん初読みの方はこの作品から入らない方がいいかも?ですねー
読了日:03月16日 著者:黒川 博行
キアズマキアズマ
読了日:03月29日 著者:近藤 史恵
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
読了日:04月01日 著者:近藤 史恵
エデン (新潮文庫)エデン (新潮文庫)
読了日:04月01日 著者:近藤 史恵
サヴァイヴ (新潮文庫)サヴァイヴ (新潮文庫)
読了日:04月07日 著者:近藤 史恵
雀蜂 (角川ホラー文庫)雀蜂 (角川ホラー文庫)感想
積ん読本の中から何気なくつかんで美容室へ。カット&カラーの間に読了。結論から言って『なんでやねーん』『知らんがな!』と、脱力してしまいましたワナ。(╯•ω•╰) ミスリードと言えば聞こえは良いですけどね。やれやれ。
読了日:05月07日 著者:貴志 祐介
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)感想
ツアーオブジャパン観戦したあとだと、また格別の読み応えでした。
読了日:05月23日 著者:近藤 史恵
エデン (新潮文庫)エデン (新潮文庫)
読了日:06月13日 著者:近藤 史恵
七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)
読了日:06月26日 著者:垣谷 美雨
やぶへび (講談社文庫)やぶへび (講談社文庫)感想
主人公と謎の中国人女性が欲得絡みで結んだ縁に、それほど感情は入らないはずなのに、そこは情けない主人公の流され具合が絶妙(最悪?)で、読了後は後日譚が知りたい気分にさせられました。私も拳法の達人になりたいわ。
読了日:09月10日 著者:大沢 在昌
やなりいなり (新潮文庫)やなりいなり (新潮文庫)感想
兄や達の猫可愛がりぶりがとてもいい。身体が弱いのは困った事だけども。
シリーズを、きゅぃっと最初から読み直したくなりました。
読了日:09月14日 著者:畠中 恵
玉村警部補の災難 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)玉村警部補の災難 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
読了日:09月26日 著者:海堂 尊
鴨川食堂 (小学館文庫)鴨川食堂 (小学館文庫)感想
間違えて手に取った本なのですが、読むべき時に出会った本なのかななどと、少し感傷的になってしまうような読書になりました。 心の中にあった毒(笑)が、ちょっと流れていってくれたような。これもご縁なのでしょう。
読了日:09月28日 著者:柏井 壽
毒笑小説 (集英社文庫)毒笑小説 (集英社文庫)感想
なにか既読感たっぷりでした。安定の品質管理って感じ。
読了日:10月12日 著者:東野 圭吾
旅者の歌 始まりの地 (幻冬舎文庫)旅者の歌 始まりの地 (幻冬舎文庫)感想
・・・なんだとーーー! ページ数残りが少ないのにこれどうすんだ?とか、そこで気づけよ俺!…(;゚ロ゚)って感じ。『リョシャの旅はさらに』で、ズコーっ 次どうすんだ、姉から借り本ですが、借り本袋に続きは入ってるのかな…
読了日:11月01日 著者:小路 幸也
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)感想
『食い逃げされてもバイトは雇うな』←上巻 とともに、ざざっと流し読みなので、既読にいれるのは気が引けますが、いったん既読ってことで。
読了日:11月05日 著者:山田 真哉
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)
読了日:11月06日 著者:山田 真哉
がんばりません (新潮文庫)がんばりません (新潮文庫)感想
だらだらとちょっとずつ読みました。良くも悪くも正直で飾らない人で、そこが優しさにもトゲにもなるという。でもやっぱり面白い人ですね。
読了日:11月13日 著者:佐野 洋子
鹿の王 1 (角川文庫)鹿の王 1 (角川文庫)感想
予備知識は「本屋大賞」「ファンタジー」「読み友さんが面白いって言ってた」だけで読み始めました。インフルエンザが流行しはじめたなぁ、などと思いながら、さらにそのメカニズムに思いを巡らせながら読むような本だとは思ってなかった(笑)。勢い着いたのでこのまま二巻へ。
読了日:12月08日 著者:上橋 菜穂子
鹿の王 2 (角川文庫)鹿の王 2 (角川文庫)感想
勢いついて読書してる自分にちょっと安心。本が読めるひとときって大事。この勢いで次巻へ!
読了日:12月11日 著者:上橋 菜穂子
鹿の王 3 (角川文庫)鹿の王 3 (角川文庫)
読了日:12月12日 著者:上橋 菜穂子
鹿の王 4 (角川文庫)鹿の王 4 (角川文庫)
読了日:12月13日 著者:上橋 菜穂子
読書メーター

あれ、最後に読んだ大物が漏れてますね。新生読書メーターはまだ不具合があるのかな。

オブリヴィオンオブリヴィオン感想
「裏切り」「絶望」など、重苦しい言葉がちりばめられた本の帯に若干引きつつ読み始めました。実際に内容も胸が苦しくなるような事ばかりで、過去はどうやっても変えられず、どのように理屈をつけてもその心は完全に解き放たれることはないのだと、これでもかこれでもか、と思い知らされるよう。
ですが、不思議と読後感は悪くないのです。二人の兄の苦笑と青い空に救われたのかもしれない。
読了日:12月27日 著者:遠田 潤子

今年は何冊読めるかな。

comment